HISTORY

和歌山県は、その周囲を美しい海に囲まれ、古くから漁業の盛んなところです。

「若の浦に潮満ち来れば潟を無み葦辺をさして鶴鳴き渡る」

と、山部赤人が万葉集に歌われた和歌浦。


風光明媚な景勝地であると同時に、漁港としてもその名を知られています。




【片男波】

蒲鉾が日本の食卓史上に出現するのは、定かではありませんが、

魚のすり身を焼いたものは大和時代(約1300年前)と言われています。

平安末期の「類聚雑要抄」には、すでに「蒲鉾」という文字が登場しています。

初期の蒲鉾は高級な食べ物とされ、竹に魚のすり身を塗りつけて蒸煮または焼いた物で、

(今で言う竹輪みたいな物)その形が蒲の穂に似ていることから、蒲穂子と呼びました。



【不老橋】

桃山時代には、板付き蒲鉾が造られ、江戸時代の終わりには現在のような蒸蒲鉾が現れ、

以前のものを竹輪と呼んで区別したと言うことです。

この頃から、一般の人にも手軽に食されるようになったと言うことです。

和歌浦では明治の初め頃から盛んに蒲鉾造りが始められました。

丸濱では大正に入って、すり身を蒸して表面に焦げ目をつけた板付きの蒲鉾造りを始め、

今日に至っています。